知っていると便利!IT機器の裏ワザ技術

IT機器で、プリンタの相場については、廉価版だと5千円ぐらいからあります。中間が1万円以上です。

知っていると便利!IT機器の裏ワザ技術

IT機器におけるプリンタの相場はどれくらいか

市場が変わると、そこに提供されてくる商品も変わります。いくつもの世代のものを購入していると、そのときごとにどういうものがはやっていたかがわかります。当時はこのようになっていたが、今はまた変化してきていることがあります。IT機器において、プリンタの業界も変化の大きな業界かもしれません。現在日本では2大メーカーが中心になっています。一つはカメラメーカー、もう一つはパソコンメーカーです。そのほかFAXに強いメーカーもあります。

変化の特徴としては、最近は、商品ラインアップがかなり絞り込まれているように思います。以前ですと、多くの種類のものが発売されていました、廉価モデルで数種類、中間モデルも数種類、高機能モデルもそれなりにです。今はそれぞれで1種類から2種類程度しかありません。パンフレットを見ても非常にシンプルになっています。また、高機能と中間の間がなくなってきているようにも感じます。高機能になるとプロ仕様のものになってしまいます。

廉価モデルの場合、相場としては5千円から1万円になります。一つの商品でも、お店によって価格が変わりやすくなっています。中間モデルは1万円から3万円程度です。最近多く見られるスキャナーとの複合タイプがこちらに入ります。スキャナが付いたモデルでも安いものもあります。プロ仕様はさらに高くなります。大き目の用紙でもらくらく印刷することが出来ます。デザイナー関係の仕事やPOP印刷をするなら安いものでしょう。