知っていると便利!IT機器の裏ワザ技術

IT機器を利用して大量印刷したいとき、レーザープリンタなら、1枚当たりのコストが抑えられます。

知っていると便利!IT機器の裏ワザ技術

IT機器で大量印刷のプリンタではレーザーが良い理由

会議用の資料を作成するには、印刷が必要になります。方法としては、パソコンから全てを出力する方法と、1枚のみ出力をして、残りはコピー機で印刷する方法があります。パソコンからの出力に時間がかかるときは、この方法のほうが効率が良いでしょう。でも、印刷スピードが速かったり、それほど印刷する量がないのであれば、わざわざその方法を取る必要はありません。社内にコピー機があればよいですが、なければコンビ二などで行う必要があります。

パソコンからの出力においては、IT機器としてプリンタを利用することになります。高速での印刷が可能なタイプとしては、レーザータイプがあります。インクジェットだと1枚印刷するのに数十秒かかることも良くありますが、レーザーであれば1秒ほどで印刷できてしまいます。一瞬といったほうが良いかもしれません。大量に印刷するときは、時間の短縮にもつながります。さらに大量印刷では、こちらのほうが良い理由があるとされています。

レーザーでの印刷においては、どうしても電気を使うことになってしまいます。少しの印刷だと、1枚あたりのコストがかなり上がってしまいます。大量に印刷するのであれば、1枚あたりのコストは下げられます。一般的には会社で利用することになりますが、広告などを印刷することが多いのであれば、個人で利用するメリットはあります。ビジネス用の場合は100万円近くする本体のものもありますが、家庭用なら10万円以内であります。