知っていると便利!IT機器の裏ワザ技術

IT機器として家庭用で使うプリンタは、本体価格が安いインクジェットが手軽です。インク代がかかります。

知っていると便利!IT機器の裏ワザ技術

IT機器では家庭用の安価なプリンタはインクジェット

利用頻度別にIT機器を並べるとすると、何を一番利用しているでしょうか。スマートフォンの利用が多いと答える人がいそうです。常に持ち歩き、常に画面を見ている人がいます。少し時間があれば、こちらから情報を得ようとします。ネットワークに接続していれば、常に最新の情報が送られてきます。利用頻度が高いのであれば、そこそこ値段が高くても、時間当たりの利用料ではぐんと下がります。数万円しても、十分元を取ることができるでしょう。

プリンタの利用に関してはどれくらいの時間になるでしょうか。ビジネスでは毎日のように利用しますが、自宅では、かなり頻度が減ることになります。年賀状の印刷など、はがきの印刷をするときは一時的に増えることがありますが、それ以外はあまり使用しないです。1箇月以上、また年賀状の時期しか使わなければ1年近く使わないこともあります。利用頻度があまりないとき、どのようなタイプを選ぶのが好ましいかでは、できるだけ安いものになるでしょう。

いくら高いものを購入しても、使う頻度が少ないのならもったいないです。安いものであれば、それほど使わなくても元が取れます。この機械では、本体価格は1万円を切るものもあるのですが、インクを必要とすることが問題です。このインクが、本体に比べると高くなっています。インクだけで数千円することもあります。数回インクを変えたりすれば、すぐに本体価格を上回ってしまいます。安いのも良いですが、後のお金のかかり方も含める必要があります。